銀行ではなくノンバンクのほうが審査に通りやすい

スコアリングの内容は企業秘密となっているため、一般的に公開はされておらず、金融機関によってどこを重視するかは異なります。メガバンクなどで比較対象となるデータは、審査に通過できた優良な状態の企業であることが多くなりますが、ノンバンクの場合は銀行で融資を受けることができなかった企業のデータを基準に審査を行うことになります。

ビジネスローンが誕生したのは、銀行が独自の責任で行うプロパー融資では貸し付けが難しいとされる中小企業に対し、高めの金利を設定してリスクを回避しつつ融資を行おうとしたことから始まります。

単に利益を追求するだけが目的ではなく、経営力の乏しい個人事業主中小企業などの支援、民間の金融機関が敬遠するリスクの大きい融資やコストに見合わない融資なども積極的に取り扱っています。

ノンバンクが取り扱うビジネスローンには、最短即日融資が可能な商品もあります。個人事業主や小規模事業者が資金を調達する場合は公的融資を利用するのが理想的ですが、公的融資は実行されるまでの時間が非常に長いというデメリットがあります。審査 通りやすい ビジネスローン 銀行

アイフルビジネスファイナンスでは、赤字決算企業でも間口を開いており、またスピード感についても優秀。限度額は、1位2位で紹介したビジネスローンには及びませんが、少額融資を希望しているのなら、300万円の限度額は十分ではないでしょうか?

さらに返済期間も最長6年9ヶ月と、他社のようにタイトすぎることもありません。そして、来店不要で手間がかかることなく融資を実行できる点が強みとなります。

なにより、これまで積み上げてきた実績のノウハウによる信頼感も絶大。