足がむくんでしまう原因やむくんだときの対処法について解説!

今回は、足のむくみの原因やむくんでしまったときの対処法について解説します。
【足がむくんでしまう原因は?】
日常生活の中で足がむくんでしまう原因は、主に以下の3つです。
①立ち仕事が続く
立ち仕事が続くと、足の筋肉の働きが弱くなってしまうため、足のむくみの原因になります。
②運動不足
運動不足によるふくらはぎの低下によって、足の血液を心臓に戻す機能が弱くなり、足がむくみやすい状態になります。
③水分・塩分の取りすぎ
水分の取りすぎによって、体の中に水分が蓄積されて、足がむくんでしまいます。
また、塩分を取りすぎると水分を取りすぎる原因につながります。
【足がむくんだときの対処法】
足がむくんでしまったときの対処法を原因別に解説します。
①立ち仕事が続く場合
仕事の合間にストレッチをすることをオススメします。
また、仕事が終わったらマッサージをするのも効果的です。
②運動不足が原因の場合
運動不足の場合は、筋肉を使う運動を継続して行いましょう。
特に、ふくらはぎの運動がオススメです。
③水分・塩分の取りすぎ
水分の取りすぎが原因の場合は、運動やストレッチ、入浴で血流を良くしましょう。
徐々にむくみが解消されていきます。
塩分の取りすぎが原因の場合は、カリウムが含まれている野菜を摂取しましょう。
むくみにルピエライン