大人になってからの独学

大人になってからの独学は、継続がとても難しく感じます。
そして、学びは継続無しでは成り立たないので結局続かず断念してしまう人が多いのではないかと思います。
私もその中の一人です。
私が今までに独学を挑戦したものは、「韓国語」「英語」です。
特技として人にアピールできるようになったものは「英語」のみです。
この2つの独学には、明らかな違いがあります。
まず、「英語」を独学していたとき、私は実際に海外渡航し、語学学校へは通わなかったものの、現地の人々との交流を通して、話し方、相づちの打ち方、イントネーション等を身体で感じながら学びました。
一方、「韓国語」の独学に関しては、日本国内の自宅で、Youtubeの勉強動画や、単語を学べるアプリケーションを使用して行いました。
英語を学んでいた時は、現地の人々と会話ができたり、自分の成長がわかりやすく、達成感を感じる時もあれば、言葉が通じず悔しい思いをしたりしました。
韓国語の場合は、脳で学ぶのみで、話し相手がいないので、自分の成長過程がわかりにくく、辛抱強くないとなかなか続かないものだと感じました。
今回は、語学の独学に関して書きましたが、これを通して思った事があります。
赤ちゃんは語学学校へ行かなくとも言葉を話せるようになります。
両親の話す言葉を聞いて、見て、理解して、発して学んで行くのです。
それと同じで、新しい語学を学ぶ際は、自分の周りをその言語で固めたり(スマホの言語設定、自分だけのメモ書き等)、その言葉を話す友達を作ったり、身体を通して感じて学べる環境を自ら作る事が大切だと感じました。
ただ、どちらにせよ、学ぶ事は学生の頃よりも楽しく、有意義なものだと感じています。
今の時代、多くの人が家で過ごす時間の多くをスマホに費やしていると思います。
そして、そこから生まれるものはごく少なくただただ時間が過ぎて行くものだと感じています。
その時間のうちの5分だけでも何か興味のあるものを学ぶ時間にできたら、そしてそれを継続できたら、そう思います。