お祭りの時期以外はさみしい村

神社の屋台で何も食べなくて良かったな去年の正月から少し経ったくらいに誘われて神社に行ったんだ。
きっかけはギャンブル的な友人が仮想通貨で儲けたいってことでご利益があるという神社を探してきてことになった車で1時間+県の神社だった。
仕事の都合で神社に着いた時間は夜7時友人は神様に時間は関係ないと言っていたが着いてみると屋台がポツポツを四つくらいあっていかやきやポテトが売られている。
薪代わり石灯籠にも灯りが灯っていて人もまばらではあるがそれなりに入る正月からは10日くらい経っているのに人がいるんだなぁと思っていると一人の初老の男性に目がついた。
さらに猫の餌を入れているところだった初老の男性は地域に一人はいる猫おじさんで毎日神社の猫に餌をあげているらしい。
友人がこんばんは正月から10日くらい経つのに人が結構いるんですねと話しかけていた男性は今の時期はまだまだ人が来るけど普段は毎月の月祭り以外は寂しいものだよと言った。
男性は僕らを気に入ってくれたのか色々な話を聞かせてくれた。